各写真をクリックいただくと、写真の全景とコメントがご覧いただけます。

最優秀賞:パークスプレミアムギフトカード3万円分

  • 雨蛙ハスに隠れて梅雨を待ち

    「雨蛙ハスに隠れて梅雨を待ち」

    photo:こぞ

優秀賞:パークスプレミアムギフトカード1万円分

  • この実なんの実

    「この実なんの実」

    photo:中尾 幸恵
  • 初夏の中へ航海

    「初夏の中へ航海」

    photo:徳能 三枝子
  • 小さな世界の、ちょっとした出来事

    「小さな世界の、
    ちょっとした出来事」

    photo:川崎 一郎

特選:パークスプレミアムギフトカード5千円分

  • 夏はすぐそこ!

    「夏はすぐそこ!」

    photo:Moana
  • 癒しのひととき。

    「癒しのひととき。」

    photo:YUKA
  • 太陽に咲く

    「太陽に咲く」

    photo:虫の気持ち
  • まるで人?

    「まるで人?」

    photo:Ree
  • 見上げた空

    「見上げた空」

    photo:a.t
  • ようこそ ご来園

    「ようこそ ご来園」

    photo:マリコメのパパ

入選:パークスプレミアムギフトカード3千円分

  • ケマンソウ

    「ケマンソウ」

    photo:エイジ
  • Flower park

    「Flower park」

    photo:こま
  • ポピーに招かれて

    「ポピーに招かれて」

    photo:津垣 直彦
  • 草花の交信

    「草花の交信」

    photo:田中 由重
  • 梅雨前の休息

    「梅雨前の休息」

    photo:芝Renge
  • 友が飛んできた

    「友が飛んできた」

    photo:スッシー
  • 木洩れ日の朱

    「木洩れ日の朱」

    photo:Calm
  • 実り

    「実り」

    photo:しんや
  • ゆりが咲き誇る

    「ゆりが咲き誇る」

    photo:WinU
  • 安らぐ場所

    「安らぐ場所」

    photo:kumandachi
ケマンソウ

ケマンソウ

ハート型の可愛い花が咲いていました。

雨蛙ハスに隠れて梅雨を待ち

雨蛙ハスに隠れて梅雨を待ち

ハスの葉から梅雨を待ちわびるカエルの家族の住処が思い浮かびました。

Flower park

Flower park

入り口でお出迎えしてくれたラベンダー。
花いっぱいのパークスは
歩いているだけで気持ちがうきうき楽しくなります♪

ようこそ ご来園

ようこそ ご来園

なんばパークスガーデンに行きますと気持ちがいいです。花だけでなく、野鳥の鳴き声を聞くこともあり、都会のオアシスですね。

癒しのひととき。

癒しのひととき。

彼氏と夜にパークスガーデンのベンチにおしゃべりをしていた時に見つけたお花で、フォトコンテストのことを知っていたので、すぐに次のお休みに二人でお昼のパークスガーデンに行き、撮影しました。わたしにとってパークスガーデンは、都会や日常の忙しない時間を忘れられる特別な空間です。

ポピーに招かれて

ポピーに招かれて

なんばパークスガーデンの入り口のアーチを背景に、色とりどりのポピーがお客さんを招いているように撮影しました。

見上げた空

見上げた空

パークスガーデンに行くたび、空を見上げると素敵な植物と青空がマッチしていて心がリフレッシュ。前回と同シリーズで、空と植物の1枚を投稿させていただきます!今回こそは、最優秀賞とれますように!

草花の交信

草花の交信

パークスガーデンの中でもひときわ印象的な、パラボラアンテナのようなオブジェをバックに、花たちが宇宙と交信している風のイメージで撮りました。

梅雨前の休息

梅雨前の休息

9Fパークスガーデンから望める梅雨入り前の洛陽です。新緑と共にベンチに座って過ごせるゆったりした時間は、心の休息ができるせいか、皆さん思い思いに眺めています。街に沈んでいく夕日に魅せられて、思わずシャッターを押していました。

友が飛んできた

友が飛んできた

高いナンバパークスガーデンにも花の蜜を求めて蜂が飛んできました 仲のいい友達が遠路はるばる訪ねてきたようでした

初夏の中へ航海

初夏の中へ航海

パークスの上にあるまるで船のような建造物。初夏の花の中へ船出していくようです

この実なんの実

この実なんの実

何の実かわからないけれど、とてもかわいくて凛としていて思わずシャッターをきりました。

木洩れ日の朱

木洩れ日の朱

梅雨入り前の木洩れ日にグレビレアの朱が映えてました。

実り

実り

鳥が木の実をくわえるところを待ってシャッターを押しました。
都会の真ん中にある緑。人にとっても、鳥にとっても、貴重な場所であると感じました。

小さな世界の、ちょっとした出来事

小さな世界の、ちょっとした出来事

5月にパークス3階で花の撮影していると、一匹のアゲハ蝶がとまり、すぐ後に二匹目が現れました。ほんのわずか時間でしたが、撮影できて幸運でした。こんなに小さくても、一生懸命生きているのですね。

ゆりが咲き誇る

ゆりが咲き誇る

撮影するため、何度もなんばパークスへ行ってきましたが、夕日が隠れた。当日に夕日が見られてすぐにカメラを取り出して、完璧なタイミングを待って、この写真をもらいました。
夕日がぴったりユリの上に置かれています。

太陽に咲く

太陽に咲く

日照りの強い中、力強く映える黄色の花。
彼らと同じ視線になって、太陽に向かい合ったそんな初夏の一日。

夏はすぐそこ!

夏はすぐそこ!

真ん中を区切ると、右側は鮮やかなお花たちの季節、「春」をイメージし、左側は雲ひとつない青い快晴に、生き生きと茂る新緑の季節、「夏」をイメージして撮りました。まさに、右側から左側へ春から夏に変わって行く様子と、2つの季節感を同時にお楽しみいただきたいです。

まるで人?

まるで人?

ひっそりと咲く花が、なぜか人のように見えたので、シャッターを切りました。

安らぐ場所

安らぐ場所

都会ではあんまり自然に触れ合う場所がないのでガーデンで見る花や木、流れる水と小さな池は自分にとって安らぐ場所です。
蜂も同じく都会に迷い込んで困っていたところ綺麗な花を見つけやっと休んでいたのではないかと思いシャッターを押しました。